ブログトップ | ログイン

Kazumi House

kazumihs.exblog.jp

最愛の母の死

 昨日、最愛の母が亡くなりました。

 パーキンソン病で施設に預かってもらっていて
 車椅子の生活でしたが、段々と食べられなくなり、
 痩せていきました。

 施設の看護師さんが、呼吸がおかしいのに
 気づいてくれて、かかりつけの病院に救急車で
 運ばれました。

 医師の診断は、肺炎と腸閉塞でした。

 栄養が取れていないので、いつ急変しても
 おかしくないと言われました。

 それが木曜日のことでした。

 金曜日にお見舞いに行ったときには、すこし安定
 していて、目をあけて、わたしに何か語りかけていました。

 そして、土曜日の朝、病院から、急変したと電話が
 あり、急いで病院に向かいましたが、死に目には、
 あえませんでした。

 いつも、優しく接してくれて、穏やかな性格の母でした。

 75歳でした。
 7月の下旬が誕生日でした。

 父も8年前に、なくなったので、天国で仲良くしていると
 思います。

 明日がお通夜で、次の日が告別式になります。

 実家のそばの、セレモニーホールで行うので、
 明日行ってきます。

 お母さん、産んでくれて、育ててくれてありがとう。
by kazumi-house | 2016-08-07 15:42 | 暮らし
<< 誕生日ケーキ ケーキ研修後半 >>