ブログトップ | ログイン

Kazumi House

kazumihs.exblog.jp

3年前の児童精神科の受診日

d0151698_23215718.gif

 息子Akihitoは、現在16歳。養護学校高等部1年生。
 小学校・中学校は、地域の特別支援級に在籍していました。
 そのころの、児童精神科の受診日という記事を見つけたので、
 今回は、この記事で^^


d0151698_23263672.gif

 昨日は、T大学病院の児童精神科の受診日だった。
 本当は10月だったが、Akihitoが病気だったため、昨日に変更をした。

 新しい建物になってから予約システムになり、待ち時間が少なくなった。

 あと以前は午前中のみの診察が午後もするようになり、昔ほど
 待ち時間はなくなった。

 昔は、2時間待ちが当たり前だったからね~。

 3ヶ月おきの受診なので、3ヶ月の間にどのようなことがあったのかを
 紙に書いてもっていき、先生に説明する。
 
 今回は夏休みのこと・体育祭のこと・デイキャンプのこと・病気をして
 学校を長期間休んだこと・文化祭のこと・授業参観のことなど。

 先生が注目したのは、先日の授業参観のことだった。

 みかん事件!!支援級の先生は、パニックになるのをわかって
 いながら、みかんを配り、パニックになったあとも、ちゃんと切り替える
 まで付き合ってくれたことを評価していた。

 「支援級の先生、上手だね~」と言っていた。

 パニックになって、そのままほったらかしにするのが
 いけないらしい。
 
 「ギャー」となっても、ちゃんと向き合って気持ちを落ち着かせて、
 今の状況をみてどうしたらいいのかを考えさせる。

 そして、気持ちを切り替えさせることが大事だとおっしゃっていた。
 ←時間はかかるけど。

 このような経験をすることによって、パニックも少なくなっていくという。

 支援級の先生は、「学校にいるうちにたくさんこのような経験を
 して欲しい。学校にいる間はパニックになっても対処できる大人が
 そばにいるから」と言ってくれる。頼れる存在。

 最後に児童精神科の先生は、
 「お母さんはいつもがんばっているね!」と言ってくれた。

 待合室にポスターが貼ってあった。
 「○○くんは、すぐにかんしゃくをおこし物を投げる。いつも同じことを
 したがり言うことをきかない。○○くんは「自閉症」と言う障害がある。
 自閉症は生まれつきの障害。病気ではない」

 ぼくは、自閉症になったのではなく、自閉症として生まれてきただけ。

 自閉症は病気ではなく、「障害」です。
 
 という感じのもの。
 
 かわいい3~4歳の子どもが笑っている写真と一緒に。
 
 まるで、小さい頃のAkihitoのようだと思って涙が出そうに
 っちゃったわ・・


 
d0151698_23352193.gif

 という懐かしい記録。
 
 3年前はこうだったんだ~と思った瞬間。
 
 今のAkihitoは、確実に成長していると感じた瞬間だった。
 
 どんな子供でも、ちゃんと成長するのよね!


d0151698_23371398.gif

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

 ランキング参加しいます。応援おねがいします。

 ありがとう☆
by kazumi-house | 2012-02-21 23:39 | 息子のこと
<< チーズパン ジェノワーズ >>